MCM安い 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM安い

バンクーバーの論争Insiteは施設それはかなりの記者会見だったでしょう、そしてそれは非常にほぼ起こった。 昨秋、ロイヤルカナディアンは、強烈な、民間の協議のヶ月後、HIV /エイズの卓越性のための警察とブリティッシュ·コロンビアセンターマウントされた研究は、 メリットと プラスの影響を示すことが彼らの合意を宣言するために一緒にメディアに直面することに合意した 静脈注射薬物使用者のための教師注射部位の。 RCMPの場合は、このような文を作ることはターニングポイントだっただろう:騎馬はInsiteは、バンクーバーの先駆的な安全注入施設を批判した力自体が委託怪しげな研究、、から身を遠ざけるしなければならなかっただろう。 スティーブン·ハーパー首相の保守党政権がしっかりInsiteはをシャットダウンすることを約束されているので、それは、連邦警察のために政治的に厄介な動きだったでしょう。 しかし、幹部はその劇的な一歩を踏み出す準備ができたようです。 私は我々の端から行ってもいいです確認することができ、主任警視ボブ·ハリマン、バンクーバーのトップRCMP薬執行官は、彼が博士が中心に、2009年10月28日に送信された電子メールで述べている。 ハリマンの電子メールは、RCMPと研究センターの [A]の共同メディアリリースの提案メッセージングを含んでいた。 RCMPは カナダ人と国際peerreviewed研究は有害性を実証教師注射部位とない客観peerreviewed研究のメリットを報告の広範な身体を認めるでしょう 同様に、ハリマンはRCMPはセンターの研究を争わ力、委託により、 レビュー、ことを認めると述べ、 従来の教育水準を満たしていませんでした。 提案された共同のメディアリリースが発行されませんでした。 またRCMP役員およびセンターの医師は、その計画の記者会見のために一緒に表示されなかった。 モンタによると、二日最後Decemberafterスケジュールされたイベントの前に会場はブリティッシュ·コロンビア大学で予約されていた、彼は副長官ゲイリー低音、ブリティッシュコロンビア州の中で最も上級RCMPオフィサーからの電話を受けた のバナーは準備ができていました。 彼は言った、 'フリオ、それを行うことはできません、'モンタは回想する。 私はあなたが、ゲイリーのはどういう意味ですか?と言った 彼は 私は私が記者会見で先に行くようにしない命じてきた、本当にごめんなさいと言った。 モンタは、低音は、それが明確な順序がオタワでRCMP本社から来たことを作ら言う。 でも、その挫折した後、モンタは、コマンドのRCMPチェーンをさらに彼の苦情を追求。 彼は彼の粘り強さのために知られています。 研究センターの見出しとともに、モンタはUBC医学部教授であり、それは彼が彼の画期的なエイズの仕事のためにブリティッシュコロンビア州の順序を受け取ることが最近発表された。 病気と闘うための国際的な運動のカリスマ的な数字は、モンタは、科学と擁護にまたがる。 低音との​​交渉は外にパンしなかったとき、彼は力の連邦と国際業務を担当しています副長官ラフSouccar、オタワhighrankingのRCMPオフィサーと著しく生産的な関係として記述するのか開発して今年初めに押さ 、および薬物調査における広範なバックグラウンドを持っています。 これらのキーのリンクを鍛造にもかかわらず、モンタはついに公Insiteは上の間違いを認めることに同意するものとするRCMPの取得に失敗しました。 6月24日に、彼の中心ではなく、ドッグボディは、他の救済の中で、それが誤ってInsiteはの利点を実証センターの合法的な研究を信用しようとしたことを確認する力を注文するだろうと期待して、RCMPに対する公共苦情委員会に苦情を申し立て 。 しかし、委員会は、このもつれたエピソードを整理すると、その権限を超えていたと言って先月末、彼に手紙を送った。 その時点で、モンタはインタビューでマクリーンの彼の話をしたし、彼のセンターでは、イベントの彼のバージョンをサポートしている重要文書を提供した。 RCMPはこの記事のためにインタビューされる上級役員が利用できるようにするか、または任意の質問に答えることを控えた。 INSITEはそれが麻薬中毒者が自分自身を注入するために行くことが北米初の法定施設として2003年に設立されて以来、これまでに議論されています。 バンクーバーの問題を抱えたダウンタウンイーストサイドの中心部に位置し、インサイトは、ユーザーがそばに立って看護師と、彼らと彼らがもたらす違法薬物を注入する12ブースを持っています。 彼らはきれいな注射器、炊飯器、フィルター、水と止血帯を与えられている。 400人以上の過剰は、施設で発生しているが、誰も今までにいずれかからそこで死んだんでした。 カウンセラーとソーシャルワーカーは、自分たちの生活を変えるための入札をしたい中毒者を助けることが可能です。 旧自由党政府はInsiteはは3年間の麻薬取締法からそれを免除することで開くことができました。 カナダ保健省は、ハームリダクションにおけるパイロット·プロジェクトのようなものとして、それを評価するために資金を提供した。 モンタの中心部は、その研究の大部分を引き受けた。 彼はInsiteはのための強力な擁護者として浮上しているが、彼は彼の中心は支持する結果を生み出すために着手したが拒否されます。 我々は、正直なところ、それはその間のすべての悪い、またはどこかに、すべてが良いでしょうかどうかを知ることなく、このに入ってきたと彼は言う。 そして英国でランセットは、圧倒的に陽性であった。 例えば、Insiteは使用中毒はしなかった人よりもデトックスに入る可能性が高いことがわかった。 drugrelatedゴミの量は、使用される針のように、サイトの周りの周辺に適度に減少した。 Insiteはの看護師はinjectionrelated感染症の多くを処理した。 当初から、しかし、保守派の政治家はInsiteはと不快だった。 今や産業大臣であるが、2006年から施設に対する政府の立場は断固としてそれと呼ばopposedonceに懐疑から硬化2008theキー期間に保健大臣だったトニー·クレメント、 醜態。 アクティブRCMPの警官も時折疑念を表明したが、力の内側Insiteはへの反対の程度は明確ではありませんでした。 しかし、そのはRCMPの苦情委員会に提出するためのモンタの中心で組み立て文書は、少なくともいくつかの騎馬が積極的に力の関与に注意を描画せずに、センターの研究に疑問を提起するために求めていたことを示唆している。 センターによると、RCMPは、医療や科学雑誌に発表された論文のスタックを見直し、4つの研究を依頼した。 コンサルタントレイモンドコラードとアーウィン·コーエンが2006年に配信最初の二つは、Insiteはに主流の研究を批判する多くの弾薬を提供していませんでした。 コラードは、研究者の方法論は、 適切なと、そのことがわかった を作った政策推論は一般に慎重に発表されました。 コー​​エンは深刻な問題を発見しませんが、の必要性を強調し、 さらに経験的に音の評価を。 RCMPはガース·デイヴィス、サイモンフレーザー大学の犯罪学の教授、およびコリンMangham、元保守党MPランディホワイトによって設立されたカナダ、Insiteはのharmreductionモデルではなく、グループの薬物防止ネットワークのリサーチディレクターで、さらに2つのレポートを求めた。 どちらも、学術文献の鋭く批判した。 Manghamはないという事実について議論するために失敗Insiteは研究を障害が発生した IVの薬物使用者のわずかな割合は、その注射さえ大半Insiteはを使用してください。 デイビスは、ヨーロッパを含め安全な注射の施設の中に研究の全身の統計的妥当性に疑問を投げかけ。 しかし、どちらのレビューはpeerreviewedジャーナル、学術論文は、専門家の精査に立ち上がることを通常の記号に掲載されました。 違法薬物に厳しいラインを提唱グループ。 Manghamとデイヴィスレポートを試運転でRCMPの関与はピボット法務学会、ダウンタウンイーストサイドに拠点を置く非営利の弁護士グループは、それが情報公開法へのアクセスの下で取得した電子メールをリリースしたときに、2008年秋における広報のバーストに供した 。 それらでは、警察官は、研究を取り巻く戦略を議論する。 博士Manghamの報告は現在公開されている、 RCMP薬物執行官からの1つのメールが読み込まれます。 私たちの要求に従って、レポートがRCMPへの参照を持っていません。 これらのレポートを生成する際に、その役割に白状するRCMPを押すと、上級役員とモンタの長引く交渉の一つの目標だった。 ピボットは、2008年10月8日に有罪メールを公にした後に会話がすぐに始まった。 モンタ彼は唖然としたと述べた。 彼は副長官低音のオフィスと呼ばれるが、土曜日まで彼に達することができなかった。 彼らはモンタの自宅で、その日会った。 彼の名誉のために、モンタは、 彼は何を期待するのかわからない私の場所に現れた。と言う その最初twohour会議が終了し、彼は低音が研究でRCMP関与を調べることに同意と、言います。 もっと多くの会議はモンタと彼のエイズ研究者と一緒に低音と彼の役員をもたらし、続く。 昨年10月で、RCMPは、センターの研究の批判を生成するために、その入札の欠点を白状する準備ができたようです。 Insiteはが開かれたすぐ後に、RCMPはInsiteは含めて教師注入施設の影響に関するいくつかのレビューを委託し、ハリマンは、共同メディアリリースの メッセージングを提案して彼の電子メールで述べている。 コーエンとコラードが実施し、これらのレビューは、Insiteは含めて教師注入設備は、プラスの影響と関連していたと結論づけた。中毒性の薬物情報協議会)は、既存の代替分析[教師注入施設]研究を提供する。RCMPが認識する これらのレビューは、従来の教育水準を満たしていませんでした。 ハリマンの電子メールは、警察が議論にかき分けことはなかったはず認め: 。RCMPは、本研究のメリット以上の議論にコメントしたり、従事する資格がない ステージは空気をクリアする協調公開イベントのために設定した後に見えた、モンタは低音がRCMPが発行されないであろう彼に伝えるために呼び出されたとき、彼はショックを受けたと言うことMEA罪または任意の記者会見に参加。 あきらめて不本意、モンタは力のオタワ本部、今年初めから、さらに上級騎馬、副長官Souccarとのミーティングをアレンジ。 モンタは再びRCMPの隠密行動に対する彼のケースを打ち出した。 彼らの最初の会議で、Souccarを繰り返し、彼はイベントのそのバージョンを受け入れることができなかったと述べた。 しかし、また出席モンタ、ベース、によると、何度も言った、紛争のポイントでinterjected 博士モンタが正しい。 モンタはSouccarはすぐにセンターの視点にもっと同情鳴らすに周りに来たと言います。 しかし、2月12日に、Souccarは文字で再び医師の希望を破線。 かなりの反射した後、私は丁重に教師注射部位に関連する組織との共同メディアリリースにRCMPのさらなる関与を拒否しなければならない Souccarはモンタに手紙を書いた。 彼は、しかし、RCMPはそもそもantiInsite研究を探し出したことがないべきであることを手紙で認めるように見えるんでした。 Souccarが書いた、 私は心から、後悔 RCMPの最善の意図は、このような重要な社会的課題への解決策を見つけるに参加することを、無意識のうちに私たちの任務外の道を私たちを降ろした。 Souccar、共同ニュース、イベントのアイデアに、一度、すべてのために、プラグを引いていても、彼はモンタとの関係を断つていませんでした。 事実、Souccarは、主要北米薬執行機関のリーダーシップのバンクーバー会議昨年の冬に対処するためにモンタを招待。 とSouccarは同じ懐疑的な法執行機関の指導者のためInsiteは施設のガイドツアーを設定することさえfurtheraskingモンタに行きました。 それは素晴らしい経験だった、モンタ氏は述べています。 Souccarと低音のための彼の尊重はモンタ疑う他の人が彼の中心部との折り合いをつけるためのRCMPの究極の失敗に責任がある葉。 とラフSouccar、そしてオタワメディア会議のキャンセル、 センターは、苦情処理委員会で6月24日に提出した声明で宣言されますが、正確にオタワでキャンセルすることを決定しましただれが遠くから明らかである。公安のスポークスマンは、 大臣ヴィックテイヴス、連邦警察の責任大臣は、彼のオフィスは、問題について何も知らないと述べた。Insiteは閉鎖、しかし、保守党政府にとって固定優先のまま。シニアRCMPの警察官が2008年に戻って準備ができたかもしれない 教師注射部位のメリットに関する研究の 広範な身体を認めることが、連邦政府の閣僚は、ソートの何を受け入れたことがありません。サガの重要人物はクレメントです。カナダ医師会の2007年の年次総会で、彼は InsiteはのためのCM​​Aのサポートを介してタスクに医師を取った。クレメントがあった教師注射に研究上の 学術的な議論が起こっていると、新たな研究に触れた が既に行われている研究の質問。それは、彼がいた可能性が高いと主張し Manghamのレビューがインターネットに掲載された後、彼の発言は数ヶ月来たことを考えると、RCMPのために作り出さInsiteはの批判に言及。それでも、クレメントも、研究を検討する諮問委員会自身の専門家を任命した。委員会の2008年4月に報告書が見つかりました INSITEはカウンセリングと治療を求めると、そのパブリックイメージが正であることをするために薬物使用者を奨励すること。施設の地元への影響では、委員会はInsiteはは軽犯罪を増加させることなく、周囲の近所にまで撮影にダウンカットと結論づけた。しかし、クレメントがでゼロ ようつだけ過剰摂取によって死から中毒年、ダウンタウンイーストサイドの薬物注射のわずか5%がInsiteはで行われると推定しているが保存はおそらく施設を示し数理モデリングなどInsiteはの限られた影響について、その結果、特定の。クレメントかさむ上 'tはクローズする機能を余儀なくされた。しかしInsiteはを管理グループが裁判所に問題を取って、執行猶予を獲得した。複雑な法廷闘争を続けている。裁判所を持つことになり、2008年夏、超えて連邦政府の統制薬物物質法からInsiteはの免除を更新 魅力はInsiteはが開いたままに許さ下級裁判所の最初の決定を支持した。裁判所が刑事司法を含め、連邦政府の管轄が重複しているものの、Insiteは、健康上の州の力の下で、それをもたらす医療サービスを、提供し、部分的には、支配 。連邦政府は控訴し、その管轄の引数を聞くために6月下旬に合意した。(RCMPは苦情委員会にセンターのアプリケーションと一緒に、この継続的な事例を挙げて、カナダ最高裁判所に判決からの質問に答えていない理由として、 マクリーンの。)との間で顕著なコントラストがあり、政府のトップRCMPの警官が同時にモンタ付きの専用bridgebuildingセッションに従事しながら、Insiteは反対公共キャンペーンの繰り広げ。政治家はInsiteは、静かに教師の研究について学んだシニア騎馬を閉じるために力を求めたように 注射。その研究に疑問をキャストするRCMPの試みを後悔彼らはInsiteはをサポートセンターの調査結果を受け入れる10月28日、2008toにモンタにハリマンのメールにseemedbased。そして、彼らは2月12日に彼にSouccarの手紙にappearedbased、2010to。質問は今 Insiteは実験上のRCMPの視点で非公開進化についてこれらの啓示は、それを終了するには、政府の決定にいかなる影響を与えるかどうかということです。また、薬物使用を参照して、非医療。マクリーンの2010年8月30日。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013