MCM パスポートケース 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM パスポートケース

なぜ外国人投資家が問題米連邦準備理事会、バーナンキは、信号の金融刺激策でカットバックを超えていた。 彼は私たち自身の株式市場では​​、2008年に外国の機関投資家(FIIS)で大規模なselloffの思い出を持ち帰った。 なぜですか?過去5年間の連邦準備制度理事会は、疲弊米国経済を復活させるためにお金を揚水されています。 米国の中央銀行の$ 85billion毎月債券購入プログラムは、グローバル市場向けの流動性の源となっている。 さて、米国経済の回復の兆しの中で、投資家は世界中が神経質です。世界で最も市場や資産クラスは、連邦準備制度理事量的緩和プログラムによって注入資金に裏打ちされた最後の数年間で勢いを得ています。 したがって、この恵みを差し込むと、すぐに新興市場からお金を引き出しFIISを意味するであろう。 減価償却ルピーもインド市場から出るFIISを保つためにほとんど何もしなかった。弱いルピーは、インドの投資に対する海外投資家の下限を返します(ドルベース)を意味します。 また、また、インドでは市場心理を湿し、そのようなインフレと高経常赤字など、他のマクロの懸念があった。6月中に、FIISはルピー11027ルピー、それぞれの市場でルピー33135ルピーの純流出と株式および債券の正味の売り手(販売は購入を超える)浮上した。THEYFIIsが確立やインドの外に組み込ま実体はWHOインド市場に投資することを許可されています。 1990年代初頭の改革措置の一環として、FIISは、外国資金流入を作成するために、インド市場に投資することを許された。FIIは、外国中央銀行、ソブリン·ウェルス·ファンド、ミューチュアル·ファンド、保険会社や年金基金である可能性があります。 彼らは、株式および債券市場の両方を投資することができます。債券市場への投資は制限の対象となります。 FIISは現在、政府の債務300億ドルと、社債市場で最大510億ドルまで投資することができる。2008年の世界的な金融危機の中、FIISに近いインドの株式市場のルピー53,000ルピーに売却した。 米連邦準備制度理事会は、その量的緩和プログラムを開始したような傾向はすぐに、2009年の初めから逆転。 累積的に彼らは今日FIISが保有する株式投資の価値の65パーセントである、2009年の間に、今、インドの株式市場のRsは4.2万ルピーのクローレに近い投資を行ってきました。一人で201213の間に、FIISは、Rs.1.4万ルピーのルピー程度に今年中に見られる過去最高流入買い越しだった。中央銀行が世界の金融システムに注入お金はインドへ流入の源だった。 成長を促進するためにインド政府によって開始された改革は、あまりにも肯定的な市場心理を作成しました。SEBIは、欧州市場で成長している不確実性、FIIsBesidesを歓迎、FIISは、インドなどの新興市場への投資を継続。債券市場は、あまりにも外国人投資家の関心をキャッチし、2010年以降からの多額の投資を見て始めた。 FIISは日付まで債券市場に近いRsは1.5万ルピーのルピーに投資している。インド市場はルピーと外国投資家による積極的な販売の急激な下落に取り組んでされた時点で、インドの証券取引委員会は、外国人投資家のエントリに容易にするための規範の新しいセットで輪。 チャンドラセカール委員会の勧告に基づき、SEBIは外国人投資家、クラブ一緒のFIIS、サブアカウントと適格外国投資家のすべてのカテゴリのための単一のウィンドウを承認した。 海外ポートフォリオ投資家(のFPI)としてCategorised、これは投資ではない会社の株式の10%以上を含んでいるでしょう。今Uptil、各投資家のカテゴリには別の投資制限や規制要件の対象となった。 また、指定した預金の参加者へのFPIの登録の代表団と、入力処理は、Quickenに期待されています。 FIISは先月のインド市場から近く75億ドル引き出しました。 動き、プロセスを簡素化しますが、マクロの懸念がFII流入をトリガするために、後退する必要があります。(この記事は2013年6月29日に公開されました)キーワード:米連邦準備制度理事会、バーナンキ、金融刺激策、外国の機関投資家、専門用語バスター、ルピーの下落、新興国市場、SEBI、債券市場、
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013