MCM バッグ スタッズ 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM バッグ スタッズ

なぜいくつかの起業家は、金持ちとなぜほとんどドン主要な事業を開始し、成長したい人々のために、これは彼らがこれまで読んでする最も重要な本である可能性があります。 リーダーになって成功した上で最も著名なビジネスマンは、ニューヨーク市の建物の高層ビルをentrepreneur.started世界のうちの2つの経験と助言を得る機会を持っています。 それ以来、彼は国際的な企業へと彼のビジネスを成長してきました。 本当に大きな構造物を構築することに加えて、彼はまた、スコットランド内の少なくとも1つを含む、ゴルフコースを構築します。 勇気を持っていることについて話:彼はゴルフが始まった土地でゴルフ場を建設した。 彼はまた、非常に成功したテレビ番組見習いとセレブリティアプレンティスを持っています。 彼の名前は金持ち父さんのブランドやメディア企業を設立し、開発された日常のbasis.Robertキヨサキ上のビジネスニュースに表示されます。 不動産やエネルギーでの彼の投資は非常に成功している、と彼の本が3000万部以上を販売している。 一緒にこれら二つのオファーリーダー経験とinformation.Midasタッチの茄多は、これらの2つによってcowritten二本です。 彼らの最初の本は、我々はあなたが金持ちになりたい理由(2006)2008経済の崩壊を予測し、2012年の大統領選挙のための話のポイントの多くを提供した。 起業メガrich.Theyになるための最善のキャリアはマイダスタッチを象徴するために手を使用することを決定し、各指が成功した起業家の側面を表しているという理由も説明した。 本は5つの章、各指に1つずつ含まれています。 起業家が成功した大企業を成長させるために、5つすべてを組み込む必要があります。 彼らは500以上employees.Trumpとキヨサキを持つ大規模な企業の一つが親指で本を開始することを検討してください。 それはキャラクターの強さ、感情的な成熟度、そして犠牲を表しています。 この章では、彼らは起業家が成功になることを持っている必要があり個性と知性の特性を議論する。 起業家であることは皆のためではありません、彼らは人が成功するまで、5つすべてcharacteristics.Follow Oneコースを持っていない限り、この困難なキャリアパスを以下から人々を説得しようとする。 この章では、彼らは細部事業構造の要素を、そして起業家の役割。 彼らは良い製品やサービスが重要であるが、それはビジネスの最も重要な側面の一つであることを説明。 企業の多くは、良い製品を提供していますが、彼らはfocus.The中指は、同社のブランドの略で欠いているため、まだ失敗します。 ブランド認知がなければ、会社は非常に成功を収めることはできません。 ブランドは、消費者への 約束と経験を表す。 人々は、彼らが信頼のブランドのために多くを支払う。 起業家successful.In章4ままにブランドや会社に順番にブランドと自分自身に忠実でなければならない、彼らは関係を議論し、適切にそれらは薬指を使用しています。 彼らは、起業家、投資家、従業員、チャプター4について説明し、ピッチを作るcustomers.A本当に重要なセクションとの関係について話しています。 彼らはあなたの会社に興味を持って投資家を取得する方法を教えています。 会社を開始するには、起業家は、資本、たくさんのお金を必要とします。 これは、会社が利益を得るには何年もかかることがあり、他の人の現金は​​会社running.Lastを保つために必要とされるではなく、少なくともはささいなことです。 小指はカウントささいなことを表しています。 彼らは企業の競争力を与える。 起業家は、エッジを維持するために、生涯学習者でなければなりません。 起業家は、多くの場合、一つのこと、製品に特化している間。 彼らは、会計、税金、およびビジネスlaw.Midasタッチビジネスの世界で両首脳から有用な情報が大量に含まれているなど、大手企業の実行についてのすべてを知っている必要があります。 彼らはそれぞれが起業で40年以上の経験を持っています。 これらは両方ともまた彼らの成功と一緒に行くためにいくつかの障害があった。 彼らは自分の過ちから学んだ、彼らは新たな起業家だけでなく、それらから学ぶ機会を提供しています。 人々は、彼らがその耐用information.Noteのすべてを捕獲し確認するためにこの本を数回読むことになるでしょう:この本が出版された後、2012年8月、キヨサキの企業のひとつは、豊かな地球LLCはに訴訟を失った後破産を宣言 附属書の学習。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013