MCM バッグ 修理 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM バッグ 修理

IITsは、世界ではありませんなぜバーナード·ショーは、カクテルパーティーに出席しての話があります。 彼は群衆を見て、自分自身に述べた:ここでは、自分自身を楽しむことが明らかになってきたwelltodo上流階級の人々の集まりです。 では、なぜ彼らはとても気難しいのですか? 私の目の前にやつを見て、あなたはgrumpier人を見つけることができますか? その後、彼は鏡で自分を見ていた気づいた。連合環境大臣、IITsの氏Jairam Rameshさんの批判は、この物語のことを思い出す。 私たちは氏ラメシュが担当している私たちの国での環境を考えてみよう。 我々の周りに散らばってゴミなしで、どこでも私たちの国で、きれいな道を見つけることができますか? 品質の水を提供しています一つの場所はありますか? 中央事務局、あるいは規格に本当にきれいと最大環境省ですNO産業INVOLVEMENTHoweverは、私たちは彼らの学生はあるけれどもIITsと教員が、ワールドクラスではないことを大臣の発言に自分自身を閉じ込めるせん。 先進国では、工学研究は、業界に関連して主に行われる。 産業は、大きな助成金や教員と一定の相互作用を介して基礎と応用の両方の研究をサポートしています。 しかし、実質的にインドの産業は、インドの教育機関への支援のようなものを提供しません。いくつかの多国籍企業はIITsにおける研究のための支援の基準を提供していますか。 しかし、ここにも問題がある。 私は、共同研究のために、そのオファーは、私たちの最も権威のある教育機関の一つによって拒否されたことを不満MNCの主要な研究室を聞いたことがある。 別の例では、MNCは、実際にIIT内部その実験室の場所にあり、それが外に移動したことそんなに敵意に走った。したがって、研究に資金を提供して喜んで、いくつかのインドの産業、彼らを歓迎して喜んで、いくつかの教育機関があります。 明らかに、業界の厳格な基準に研究を行った責任を取って喜んでいるIITの教員の間で、多くはありません。 また、多くの多国籍企業(および実質的になしインドの産業)本当にやりがいの問題にインドの学者を信頼することを躊躇していると言わざるを得ない。RESEARCH INFRASTRUCTUREYetは、IITsは、国の科学と工学で行われている研究のほとんどを行ってください。 工学インド国民アカデミー、(トップエンジニアの排他的なクラブ)でIITsは、学術会員のほぼ9095パーセントを左右ホールドIITsとインド科学大学からのものである。したがって、IITsは間違いなく国内で最も権威のある技術機関である。 証明が必要な場合、我々はIITsへの入学を得るために何年も強打の学校の子供たちの数十万人を見ている。しかし、入学のための情熱は、エンジニアリングのための熱意と同じではありません。 ほとんどIITの学生が工学で唯一の管理のキャリアを追求していない。 彼らは工学の研究をしたい場合は、海外に行く​​ことを好む。 しかし、そのうちのいくつかはIITsで教えるに戻りません。 一方、実質的に誰もインドの博士の仕事を取って喜んではありません。 いくつかの研究キャリアを取って喜んで私たちの明るい学生のnoneを使って、IITsは才能が不足しています。 アメリカの大学は常に指導助手と研究支援者数があった。 IITsは、それらを支援するために、アシスタントといくつかの研究助手を教えていない。 さらに、IITsは6:1のstudentfaculty比を持っていたが、今その数字は倍以上を持っています。クラスサイズは45に限られていたが、現在それらのいくつかは、200のように大きくなる。 重い教育負荷、無教育アシスタント、非常に少数の研究学者や業界からノーサポートの隣では、IITの教員は、Excelにはほとんど機会があります。政府ATTITUDEOurの規則や規制のいずれか助けていない。 IITsは、政府が望んでいるものを行うための唯一の自由を持っています。 IITsは、企業が提供するものとの競争であることが十分に研究の学者を支払うことができない。 したがって、学生や親が唯一業界で管理職に興味を持っていることはほとんどの代替として研究を検討しません。それはまた、研究に対する政府の姿勢が負であるという事実である。 少し前までは、国のほぼすべての電話交換機は、地元CDoTの設計であった。 体系的に、状態は、政策の問題として、CDoTおよびその他の同様の機関を牽引してきた。スペースと原子力部門は、彼らは彼らの研究の教育機関と協力していないことをセキュリティに取りつかれている。 私は研究室でIITからのプロジェクト提案を取り、少なくとも1例を知っている、それをコピーして、独自のとしてそれを提出した。お金はあまりにも問題です。 米国は、我々が何よりも研究に50以上の倍以上費やしている。 それはあまりにも、有益なインセンティブを提供しています。 私は十分に旅行のために頼まれていたではないので、米国の国立科学財団からの修正のために返された提案のを知っています。NSFは、研究は、それが広く移動する研究者を必要としている循環と議論されている場合にのみ有効であることを主張した。 このようなビューには、私たちの国では考えられない。教育機関の取り扱い鳥を扱うようなものです:それはきつすぎる、それチョークホールド、それは離れて飛ぶそれが緩んでホールド。 IITs以上の官僚制御は、それらがチョークようなものである。大臣が正しい理由です; IITsは、ワールドクラスの研究機関ではありません。 しかし、彼は学生がワールドクラスであることを主張では正しくありません。 JEEは、それが輝かしい心よりmugpotsを出すように仕込むことができるとなっています。 大臣のように、優れている人でも、それらの研究のオプトアウト。 したがって、彼のステートメントがhalftruthです。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013