MCM リュック コピー 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM リュック コピー

なぜラテンアメリカの 新レジリエンスはリーチの成長を維持します同じ地域出身のほか、ブラジル、パナマ、コロンビア、共通で何がありますか? それが景気回復になると、チリ、ウルグアイ、Peruhaveこれらのcountriesalongは、ラテンアメリカの星になる。 それらの各々は損なうことなく、基礎反循環政策のために道を開く 、新しい回復力経済協力開発機構(OECD)と呼ぶもので危機に立ち上がった。 OECDのによると、 2010年のラテンアメリカの経済見通し、これらの国ではinflationtargeting confidenceenhancing制度の強さを構築する上で特に有効であった。governmentsnamely leftistleaning持つ国のグループで2009年公開される弱点の前半、アルゼンチン、ベネズエラ、エクアドルでは対照的に、景気後退や商品価格の下落。 それらの各々は、非正統的な経済政策を追求し、制度の弱さに苦しんでいる。 商品とサービスのための彼らの重要な市場;アメリカで働く移民によって送られ弱い送金も有害な効果を持っていた。 それが近い前の4年間、5%のレベルに来ていませんが、楽観する理由がたっぷりです。多くのオブザーバーは、今年は2010年(2011年には再び建物の下振れリスクと、doubledip不況またはソフトパッチの可能性を与えられた)のために予測有利なグローバルな条件に起因する経済成長への上振れリスクを参照してください。 地域の産品の需要と価格は、中国の8%〜9%の成長によってサポートされ、他の輸出は、景気刺激策の結果、先進国の強固な需要のおかげで回復します。2009年の四半期を目途に落下した後、貿易はBladex、地域の対外貿易に特化した超国家銀行によると、10%〜15%成長し、ピックアップします。 先進国の政策立案者は徐々に高度に緩和的な金融政策の 出口戦略フェーズを入力し始めると、グローバル流動性が豊富になります。 アナリストによると、これはいくつかの弱いクレジットはアクセス制限に直面していきますが、ラテンアメリカの主権者と企業の資金調達を容易にするであろう。構造上の制約と高い貧困率の持続性を認めつつ、ウォートン経営教授マウロギーエンはで地域の国々のほとんどのために、2010年の経済とビジネスの見通しを見た 非常に肯定的な言葉。 他の専門家は同意するものとします。 またフェリペモンテイロ、ウォートンの経営の教授は、地域の残りの部分は、 成長ドライバーであることが、その国に期待されることを指摘し、ブラジルでの見通し(地域のGDPの40%を占める)について楽観的 である 自分の経済のために。地元の人々は同じように強気である。 コンサルティング会社デロイトによって573ブラジルの企業の最近の調査では、回答者の95%が、2009年よりも高い利益を期待し、3分の2のまわり、2010年に新製品やサービスを展開する予定であることがわかった。 一方、41%が2009年の13%から、買収を検討している。一世代前と比較して、地域の企業のための動作環境は今日のようなものです 夜と昼ギーエンは、他のものの間で、より安定した政策レジーム、大きなマクロ経済の安定性とより少ない保護を理由に、と言います。サンタンデール銀行の株式の研究チームの報告によると、ラテンアメリカの企業が 収益回復を提供し、彼らの投資計画を再開するのは非常に良い形 2010年にあり、地域の企業が 高いギアにシフトする。されている 適例:ブラジル石油(Petrobas)、ブラジルのstatecontrolled石油生産は、2013年に終わるその1740億ドル、fiveyear投資プログラムを拡大する計画。 それが新たなオフショア分野を開発したように、それはまた、石油探査、生産、精製、ならびに肥料の出力と電力プロジェクトを含むCEOヨスセルジオ·ガブリエリ、によると、分野の範囲内での投資を拡大することを検討している。監視する部門については、エネルギーは、大部分の高い国際価格のおかげで、今年の高いチラシの一つになるように設定されています。 ギーエンはBrazilwhichによってenergyled再生可能エネルギーに大きな投資が成功publicprivateパートナーシップの背面にワールドクラスエタノール産業の開発を支援しているワシントン条約。 より一般的には、ギーエンは、気候変動に対処する政策は、2010年にビジネス環境に影響を及ぼすだろうと予測している。 気候会議は、ブラジル政府は、気候変動法案を制定し、様々な産業やその他の環境対策の削減目標が確定されています。食品は、2010年に輝きます別のセクタです。 とヨーロッパ。 ビンボとアルコルのような企業が他より優れて不況を乗り切った、そして今も世界的に食料価格高騰を活用するために配置されている、と彼は指摘している。順番にリスク選好のholdswhichの回復と仮定すると良性の市場に依存するこのyearinvestorsを具体OECD諸国と中国の前提条件は、新興市場をfastergrowingで高いリターンを求めます。 ラテン株式marketsafter 2009年近い彼らの危機前レコードhighsareへのさらなる利益を参照する可能性が終了。 ジェフリー·デニス、シティグループのグローバル新興市場ストラテジスト、ブラジルのボベスパ指数は現在68,000(2008年の春に73,000の以前のピーク時と比較して)から、今年末までに80,000に上昇すると予測している。不採算の国に関しては、ご希望のポケットがあります。 豊作のシーズンと高い国際価格はダニエルマルクス、アルゼンチンの元副大臣によると、(所得効果を通じて)間接的に直接GDPにつ以上のポイントを追加し、同じような量、国の農業部門を後押しするアルゼンチンを、考えてみましょう 今ブエノスアイレスAiresbasedコンサルティング会社量子Finanzasのディレクターを管理している誰が資金を調達。それにもかかわらず、アルゼンチンの政策立案者は、課題に直面していきます。 彼らは、資本コストを下げ、mid2008から、2009年後半に月20億ドルを平均化されましたが、債務の持続可能性の上に不安が沈静化してきたように以降トリクルに鈍化している資本の飛行を、阻止しようとします。 この中で、政府は、マルクスによれば、2005年の債務再編の間に積み上げuntendered債300億ドルを解決しようと2010年の最初の半分を過ごすことになります。良いニュースは、その現在の世界の条件は、一緒にパリクラブ債権(約$ 60億延滞)との契約で成功解像度の可能性を高めるで、自主的な国際金融へアルゼンチンのアクセスを改善するべきである。 周りに80億ドル、その卓越した外部資金のニーズを満たすために、その能力に自信を強化するため、政府は(現在480億ドル)論争がないわけではない動きを中央銀行の準備金の近くに60億ドル使用したいと考えています。 これらのリハビリテーションの取り組みが成功した場合でも、アナリストは、ブラジルは最近やって管理しているように、それは、信頼性を再構築するために、より実践的な政策の枠組みとさらに数年かかると言う。その作業を切り出している別の国では、地域のGDPの25%を占めるメキシコ、です。 回復、他の要因が2010includingに戻って民間へのinvestmentstarved国営石油独占を開くには、政治的意思の欠如や、より一般的には、民間企業との競争を息苦しい環境がそれを保持していきます。メキシコの議会は遅延の年後、2009年に税制改革を可決し、それが希釈したものの、それは正しい方向への小さな一歩であった。 GDPのわずか12%程度nonoil税収で、メキシコの構造的な弱点は、離れてチリ(その政策枠組みグローバル基準で例示である)から、この地域の国々はギーエンによると、現代的、合理的な税制を欠いていることを強調している。 改善の見通しは、2010年に貧しいですが、彼は付け加えた。しかし、この地域の星は家無料ではありません。 特に、ブラジルの経済成長がいかにバランスについて、それがmediumtermリスクをもたらすかどうかの質問があります。 2010 pickupmarketコンセンサス予測は、2008年にリーマンの崩壊前の年のパターンを再開、5%consumptiondrivenされ周りに置く。 しかし、ブラジルが持続的にそのような成長率をヒットまたは超過するため、投資率が上昇する必要があります、Mrcioガルシア、リオデジャネイロ(PUCRio)のカトリック大学の経済学教授は指摘している。 危機の前に、それはGDPの18%(例年低い二桁から)に上昇したが、それは今では少なくとも22%まで、さらに上昇する必要があります。モルガン·スタンレーの主要ラテンアメリカの戦略家、グレーニューマンは、2010年の政策ミスの増加リスクもある指摘している。 実際、ブラジルの政策は、強烈な監視下にこの年になるでしょう。 年度滑り、異例の措置とここ数カ月の間に増加した国家の介入は、眉毛を上げ、ブラジルの政策枠組みがされていることを警告するためにサンパウロレメ、ゴールドマン·サックスのチーフ·ラテンアメリカの経済学者、のようないくつかの専門家をリードしてきた 腐食し始めて。投資の生産性と収益を持ち上げるために対処する必要があるボトルも多数あります。 ガルシアによると、多くはまだ、上記のすべてのブラジルの税や法制度、労働市場、インフラや、教育を改善するために行われる必要があります。 さらに、国の低貯蓄率を考えると、ブラジルは、必然的に短中期的にへの投資に資金を供給するために外国の貯蓄をタップする必要があります。 しかし、ブラジルのための強い投資家の食欲と、それが問題になることはありません、専門家は予測している。ブラジルは高いcurrentaccount赤字(GDPの3%以上)を実行し、結果としてより強い通貨を経験するので、杭は、エラーのために、政策立案者の部屋の削減、調達しstopgoサイクルのリスクが増加している。 それは気になるだルチアーノコウチーニョ、国家開発銀行BNDESの頭は言う。 あまりにも遠くはGDPの1.5%上記の赤字が非常に健全ではありません。2010年には多くの注目を集めされる何か他のものがあります:2009年11月と2012年12月の間で開催されないよりも少ない16の大統領選挙では、地域の選挙サイクルが本格的にこの年になるでしょう。 オブザーバーは、政治的な振り子が左から中央または中央右にシフトするかどうかを見ているだろう。 これはcenterright AlianzaのセバスチャンPieraが今月末secondround投票で現職centerleftのConcertacin候補を敗北させるために設定に見えるチリの場合、あると思われる。おそらく、ほとんどのリベットは、ベネズエラの9月議会の選挙になります。 反対は、彼のいわゆる進めるためにラジカル社長、ヒューゴChvez、白紙委任状を与え、2005年に最後の総選挙をボイコット 21世紀の社会主義革命を。 スタグフレーションは、パワーで10年以上後にChvezのサポートを掘り崩しでは、今年の選挙は野党が先に2012年12月の大統領選挙の足掛かりを得ることができるかどうかを明らかにする。 あるいは、いくつかのオブザーバーはChvez国で民主主義の残りの虚飾を除去することにより、彼のコントロールへの脅威に対応することができると言う。すでに物議を引き起こし、他の大統領選挙では、ブラジルのです。 別の用語のため2002not立って以来Silvapresident人気の高いルイスIncioルーラ·ダでは、10月の大統領選挙は熱く争われる。 PSDBのヨス·セラは、現在、彼の高いパブリックプロファイルに早期の世論調査のおかげでリードされており、彼の勝利は政治が中心に向かって移動してくださいと思います。現職の候補者を支援するPreelectoral支出は景気循環と改善から、国の財政状況を防ぐことができます。 これは、一緒にルーラの有利な候補、ディルマロウセフによる運動時のポピュリストとナショナリストノイズの可能性を持つだけでなくブラジルのすべてのもののために、投資家の旺盛な食欲を抑えることがあります。 また、持続的なシュートmarketsbut揮発通貨と資産のリスクはほとんどありませんアンダーでしょう、入ってくる政府がほとんどのオブザーバーが起こることを期待するものである調整を行い提供。この選挙サイクルの真っ只中にあり、更に2010年には経済を支えるに焦点を当ててほとんどのラテンアメリカの政策立案者と、構造改革として、地域の長期competitivenesssuchに対処の進歩、断片的である可能性が高い革新性と回避protectionismareを高める、とアナリストは言う。 しかし、2010年に多くの心の奥に昨年見卓越財政·金融刺激が、2011年のラテンアメリカの見通しに強いベアリングを持つことになりますwithdrawna開発されたら、世界経済の成長に何が起こるか懸念が潜んでます。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013