MCM リュック 楽天 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM リュック 楽天

なぜ私たちの司祭たちが沈黙しているダブリンの大司教Diarmuidマーティンは最近、 カトリック神学の領域内に本当に受け入れられるものを超えて行くことができるエリアについて話したとき、それは取り締まり明らかだったバチカンとアイルランドの司教から来ていた。しかし、大司教は安心 異端狩りではないでしょう。アイルランドでは、彼は言った、 今、高度に世俗社会であり、多くの次元に浸透しているという意味で、一つは私は宣言されていない異端の気候 'と呼んでいるものを話すことができ、ポイントに世俗レンズを通して教会には多く見 カトリック教徒の間で信仰の理解。''その教会法では、カトリック教会は 神とカトリック信仰によって信じられなければならない真実の洗礼後の頑固な拒否または疑い、、と異端を定義しています。しかし他の真理の否定はよくても罪深い、発疹、不快かもしれないが、それは正式な異端を構成しないであろう。アイルランドの司祭はバチカンで沈黙しているように、重要な問題は次のようになり、彼らは異端を促進したり、彼らが主張する問題については沈黙していると充電されていることはnoninfallibleカトリック教義から正当な反対意見ありますか?疑いは大司教マーティンの分析はアイルランドの教会のために重大な危機について、正しい軌道に乗っていることは、もちろん、あります。 カトリックの最近の調査では、最近の国勢調査内容に応じ、人口の教会の教えとほとんど一致を示し、87pcカトリックです。しかし、聖職者や信徒の場合、多くは、障害それで司教やバチカン、の観点から異端を宣言されていないのですか?司教の仕事は、信仰を教え、守るためにある。 明らかに彼らは、ひどく失敗しているとさえ教皇はアイルランドのカトリック教徒への最近の手紙の中でそれらの痛烈だった。では、なぜ彼らは唯一の症状ではなく原因となっていたときに叱責するには、いくつかの主に高齢者の司祭を名指し司教とバチカンは何ですか? 彼らは非常に影響力のある人ではありませんまた、彼らの大規模な次のようになります。大司教マーティンは虐待の危機にのみ教会に大きな危機の症状だったと言いますが、彼は全く信仰を渡すために失敗しているアイルランドの司教のドアにしっかりと責任を敷設することによって思考プロセスを終了を試みません。これまでのアイルランドの司教総沈黙を考えると、一つの例外を除いて、大司教マーティンは彼が言ったように、すべての後に、この大きな問題の唯一の症状だった虐待の問題、で行ったように、この問題についてリーダーシップを与えてもらえますか?何が最も急務であることはアイルランドの教区の数を削減するための提案までバチカンの速度が、1000年でそのほとんどが変更されていないということです。悪いガバナンス、あまりにも多くの教区と任命後継にクリークアプローチは長年にわたってアイルランドの司教を麻痺させています。 これは十分にあった、そして悲劇的に、彼らの虐待の例手違いで明らかにした。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013