MCM コインケース 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM コインケース

なぜ、神の名の下にすべてのこの混乱がありますどうやら彼らは、平等な地位法に基づく義務に気づいていない。そのボード全体で存在すると思われる宗教的な教えについての混乱を考えると、これまでのところ、21世紀の偉大な過小の1つでなければならない、とのように量に関するダンボでガエルScoilで苦味と分裂することにより、特定の行に例示 時間の最初の聖体拝領のランナップでカトリックの宗教的な命令を与えている。 このような集中的な命令が(明らかにそれは、最大いくつかのケースでは、毎日4時間にすることができます)授業時間外に行われるべきであることを校長の提案では、彼の学校の守護体内で発射されることにつながった。それは、その学校に通う子どもたちの親の多くは、実際に彼らは子供たちを入学時までに署名されたのか知らなかったと主張してきた。 multidenominational精神、そして超教派気風の違いは、例えば、あります、と宗教の教えで、それぞれに異なる期待や要件があります。とダンボの場合には、親の大半が校長を支持したようだった、しかしそれは氷をカットしません。 彼らが何を望むかは、特定の宗教的な教えの要求をしたよりも、統治体の優先順位に低くなりました。 また、ローマカトリック教徒ではありませんForas Patrunachaのないメンバーが明らかに存在しないことを指摘できる。と整理されている学校での宗教教育である地雷の兆候はありません。 平等な地位法は宗教を含む9会場、上の教育上の差別を禁止している。 瞳を認めることへの拒否は、学校の精神を維持するための根拠に基づいている場合しかし、もちろん、これはアイルランドであること、学校の入学は、教育法の下で免除されています。 結局のところ、我々は良い小さなカトリックの女の子と男の子を持つことはできません例えば、厄介なイスラム教徒やユダヤ人の影響を開いたまま。 人々が教育を含む何かを買うとき、彼らは彼らが順番を取得する権利を有する。 彼らは彼らの子供のための特定の宗教精神をしたいなら、それは彼らに利用可能であるべきです。 両親がfeepaying学校で子供を入学する場合、それらは、その学校の精神を受け入れなければならないためにも同様に、それは唯一の論理的です。しかし、この国では中等学校の大半はnonfeepayingされており、ほぼ全ての小学校には、少なくとも技術的には、無料です。 そのような場合の数は平等裁判所前に来ており、解決されている。セカンダリ教師協会は、しかし、そのようなケースの知らないことを主張し、その宗教的な形成が小学校でより多くの 問題であると言います。 それにもかかわらず、労働組合、宗教教育の多様化、学校の宗教の守護機関によって深刻不承認と表示されている位置を要求している。物事が立つように地面に、親は宗派学校で宗教教育クラスから子を削除することができます。 しかし、これは平等法の条件の下で宗教教育を受けている 不利治療visavis子として解釈できる。言い換えれば、混沌が支配し、子どもたちには宗教も宗教へのトレンディ、weakkneedアプローチ両親によって選ばれた学校での論争、対立問題であることを学んでいます。プロテスタントの学校ではほとんど他の宗派およびnoneの生徒を受け入れることの難しさを持っているように思えないし、自分自身の精神を損なうことなく、彼らの宗教的ニーズを収容。 これまでのように、問題を作成しているようだカトリック部門の偽善です。 そして、あなたはそれを好きではない場合は、しこり、それをすることができます。カトリックの両親はそれを変更したくないので、それは変更されません。 彼らの宗教の規制要件によって恥ずかしい、彼らは彼らの子供がカトリック教徒になりたいが、あまりにもカトリックではない。 彼らは、それが日曜日のミサに出席しない罪深いということや、カトリック教会は離婚と避妊を禁止し、どちらにふけるなら、あなたが死ぬときに地獄に行くという事実のような不快なものを教えることはしたくない。 彼らは本当に自分の子供たちが地獄を信じたくない。これは、宗教教育が何を意味するかです:カトリック子供たちがそれらの戒律を教えられるべきで、プロテスタントの子どもたちは、その特定のキリスト教、個人の責任の対象に、それらの教訓を教えなければならない。 イスラム教徒の子供たちが彼らの必要としてユダヤ人の子どもたちは、自分たちの宗教の戒律を教えなければならない。 プロテスタントは、その規則や規制でミニマルどのような方法である唯一の宗教であるためと、multidenominational宗教的な教えは、神話と茶番です。 あなたが示唆するINTOとして、宗教教育 多様を作った場合は、何かを教えるためには時間がないだろう。我々はアイルランドの混合社会に向けて痛いほど移動すると、それらの問題が増加していきます。 とさえ読み書きするために私達のすべての子を教えるのに十分な教師を生成することはできません私たちの過負荷の教育システムでは、様々な宗教の要件の下に沈むために起こっている。 その結果、子どもたちに基本的な倫理的な構造を教えるために全く失敗した教育システムとなります。 Shibbolethsと対立は、学習のための対象として道徳的なコードに置き換えられます。宗教は学校で教えられるべきではありません。 おそらく、宗教的な形成を信じる両親はすでに彼らの子供が就学年齢に達した時点でそれを与えるために始めている。 彼らは、倫理的な行動が宗教とタイアップしていること、それらを教えている場合があります。しかし、彼らは間違っている:行動のまともなコードは完全に世俗的なことができます。 私たちは学校での多様性に対応するためであるならば、解決策は、国家のシステムからすべての宗教教育を削除することです。 宗教は国家の仕事ではありません、そして、それの資金調達は、教育の資金調達に非常に悪い第二に来る必要があります。宗教的な教えは、自宅で、とreligiousrun安息日学校で起こるはず。 宗教は、すべての後に、彼または彼女の神と個々の個人的な交わりである。 異なる宗教のコードが交わりことを可能にするために別のルールを使用して、それは、それらのルールの人々をindoctrinates構造に支払うための国家の仕事ではない 。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013