MCM イタリア 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM イタリア

地獄はありませんボディのためのギリシャ語のポールの使い方は ソーマです。 相馬は人間自身の外部に何か、彼が持っているものではありません、それは彼があるものです。 確かに、 ソーマは私たちの言葉の性格に最も近い同等です。 の復活を信じるように ソーマ、私の人間の自己、 私はと思っている人間が、再び人生に復元されることを。信じることを意味します 私は今誰だかは異なるの誰かではありませんが、私はもっぱら自分自身になります。 神は私の個性、人格、そして文字を維持に身を犯した。 言葉身体 ソーマは単にの同義語です 人。 神の贖いの目標は彼の最初の創造の破壊ではなく、元の完璧にその復元。 聖書は、身体ではなく、新しい人間の創造のより ソーマの復活のことを話すのはこのためです。 死と復活の両方が総人 ソーマを影響を及ぼす 復活の人 ソーマは地球上にすでに存在していた人と同じ人になります。神のイメージで作成されている我々は本質的に貴重で豊かな意味で投資して、潜在的にと責任として自分自身を表示する必要があることを意味します。 我々がする、有限規模で行うべきであり、どのような神は無限の規模であるとします。 神のイメージで作成されているのおかげで、人間は自分の生活の中で彼の性格を反映することが可能であり、動物はこれらの資質のどれを持っていません。 どんな動物から人を区別することは、人間の性質は本質的に神のような可能性を持っているという事実である。 全知の全能、遍在または、これらの他の神の属性はいずれも神のイメージの一部として人間に帰されています。 我々は我々の思考や行動の中で神を反映するために作成しましたが、物理的には、神によって支えと来て、この世界では、世界で私たちの存在のために彼に依存してきた。 この現在の生活の中で信心深いキャラクターを開発し、これが来て、世界で私たちの個人的なアイデンティティーになります。 それは、神が彼のメモリに保存することは、我々はこの生活の中で開発した文​​字または性格です。人生と生活の魂の息吹、男の魂が彼の血にあり、実際に彼の血は彼の魂です。 彼は[生きている]生き魂として空気のうち、酸素の吸入であることに保持されます。 魂と同一視されて血液が、もはや生活のように不可欠である酸素を受信しないため、人間の魂は、酸素や血液のこの摂取量が、魂の死で呼吸結果の​​停止に応じて異なります。 呼吸は神の持続力の現れと見られている。 男は生きている魂は、作成時に彼の体がボディとは異なる不滅の魂、別のエンティティに恵まれていたことを意味するものではないとなった。 むしろ、それは死んで体内に 命の息の神inbreathingの結果として、人間が人間を呼吸し、生きているとなったことを意味します。 心が考えるように、循環する、脳に血液を打つようになり、人生のすべてのバイタルサインが活性化された。 生きている魂は生きている人間を意味している。 彼の材料、死すべき体に軽微、不滅の魂の注入により、しかし人生 命の息のアニメーションの原理を通して神ご自身によって彼に与えていない。旧約聖書では、単語 陰府は、死者の地下保管庫です。 陰府には重要でない、不滅の魂は魂が身体の死を存続しないという理由だけで、ありません。 旧約聖書にはどこにも罰または苦痛の場として見なさ死者のすみかです。 地獄 '地獄'の概念は唯一ヘレニズム時代イスラエルで開発された。 陰府における死者の状態、死者のレルムは、彼らが復活されるまで継続します無意識、非アクティブ、休息や睡眠の一つである。 一日の人々の膨大な数は、地獄の永遠の苦しみに委託されることを見通しが最も気がかりです。 伝統主義者は次のように 永遠の罰を読んで 罰する永遠。 永遠の永遠または形容詞 aioniosの意味は、アクションの名詞とギリシャ語で使用される場合、アクションはなく、処理の結果を参照されている。 邪悪は永遠に罰のプロセスを通過することはありませんが、一度、永遠の結果とすべてのために処罰される。 破壊のプロセスは永遠に続けるので、邪悪の破壊 は、aionios永遠ではありませんが、結果は永久的であるためです。 永遠は、多くの場合、結果の永続性ではなく、プロセスの継続を意味します。 これは、ソドムとゴモラを破壊し、火災が原因でその期間の、しかし、その永続的な結果を、永遠ではないことは明らかである。(ジュード23A) そして、他の人は火からそれらを引っ張って、恐怖で保存。 ジュードが参照する火災が明らかにソドムとゴモラを消費し、火災と同じ種類です。 これは、ソドムとゴモラを破壊し、火災が原因でその期間の、しかし、その永続的な結果を、永遠ではないことは明らかである。 それはギリシャ語の aioniosは文字通り意味することに留意することが重要である 年齢のための永続的なの。 ローマ皇帝 はaioniosとして記述されており;何を意味していることは、彼らは生活のために自分のオフィスを開催したということです。 残念なことに、 永遠や 永遠英単語を正確に文字通り aionios、の意味はレンダリングされない agelastingを。 邪悪の永遠の苦痛の概念はだけ霊魂の不滅と不滅のギリシャのビュー、聖書に外国であるという概念を受け入れることによって擁護することができます。 それは絵神が彼も死ぬことはできません彼の敵のために永遠のアウシュビッツを維持し血に飢えた怪物のように振る舞っているので永遠の拷問は、道徳的観点から耐えられないです。 すべての永遠を通じて邪悪を苦しめる残酷な拷問として神を描く地獄の伝統的な見方、の道徳的な意味合いを考えてみましょう。 故意に神の法令によって負わされるような苦痛の思考は、無限の愛のように、神の考えとは全く互換性がありません。多くのクリスチャンは、痛んで来世で自分の信念は妄想であることを発見するために失望するだろう。 これが起こるとき、それは死で自分の魂が自分の体から緩んで破ると、天国や地獄の苦しみのいずれかに存在し続けることを信じるにキリスト教徒慣らすへの個人的な危機が発生します。 償還は別に身体から魂の救い全体の人の回復であり、ではない。 死で信者の魂は、イエスと一緒に天国にすぐに行けば、イエスはイエスにあった死者信者を高めるために降りてくる、としている生きている信者を変換するために、1つはほとんど期待のいずれかの本当の意味を持つことはできません イエス。 伝統的に、福音と他の宗教信条は復活で、それらの材料の体は、このように天の喜びや地獄の痛みが激化、彼らの魂と再会していることを、教えています。 なぜ全体の人の回復に聖書の教えを再考することを拒否で非常に断固福音は何ですか? 自分の体と再会されている魂を放棄すること、また、それを形成する結果教義のクラスタ全体を放棄することを伴う。 肉体と精神に分け、人間の総影響は聖書で偽二分法のすべての種類を推進してきました。 質問せずに一定の基本的な伝統的な教義を維持するための 福音という意味であるために。 あえて伝統的な教義の聖書の妥当性を疑問視するためにいずれかは疑わしいになることができます 異端。 それは果てしない業火の教義は宗教的不寛容、拷問、との燃焼正当で何世紀にもわたってあったことfarreaching影響を推定することは不可能である 異端。 根拠は単純です:神は永遠に地獄で異端を燃やすために起こっているなら、なぜ教会は今死に書き込むべきではない ?
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013