MCM スモール リュック 全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013

MCM スモール リュック

なぜプライベートエクイティ企業は、インドでのハード見ています月に、国際的なプライベート·エクイティ会社ウォーバーグピンカスはバーティTeleVentures、インド最大の上場の携帯電話会社で5.6億ドルの株式を売却したときは、その国で、世界中privateequityの投資家の間で両方の感覚を作成しました。 トランザクションは、ボンベイ証券取引所に、インド市場で史上最大のブロック取引だった。 また、それらの株式市場の予想外の深さと成熟度にマーキングする、インドの株式市場のオブザーバーを促す、息をのむような28分で成就されました。プライベート·エクイティ投資家はかろうじて一昔前揺籃期にあったinvestmentinの収益市場に驚嘆。 プライベート·エクイティ投資家は当時アジアに行っていたが、それはインドネシアやタイなどの宛先になりました。 インドは アジアの中で最も投資家の定義で、または任意の主要な方法でなく、少なくとも把握していませんでした。 マーチのトランザクションは、ウォーバーグは6%程度にバーティで、その18.5%の株式を減らす見た、数ヶ月にわたって、人員削減の一連の最も大きかった。1999年と2001年の間バーティで約300百万ドル投資したウォーバーグは、その保有の3分の2を販売から800百万ドルの利益と離れて歩いた。 バーティの現在の株価では、同社でウォーバーグの残り6%の株式は、一部7億ドル、またはそれはもともと投資の2倍以上の価値がある。 ウォーバーグがシーンに入ったとき非公開リライアンスインフォコムをトレイルバーティは、黄ばんだ億ドルの時価総額を持っていた。 それは今では150億ドルの時価総額を持っています。 1999年には、バーティは、104,000の加入者を持っていた。 それは今has14百万円となりました。だからバーティの取引は氷山の一角か、悲しいかな、全体の氷山です? 1994年の創業から、インドにおける同社の活動の中心に二つウォーバーグのベテランは、インドの話が​​全くonedeal不思議ではないことを強調しています。インドに戻っ生成ウォーバーグでよくやっている 10年間mid30sを、同社のcopresident、チャールズR.ケイは、インドの高度な研究のためにペンシルベニア州のセンターの大学が主催する10月11日のプレゼンテーションで語った。 (ケイは11月17日と18日にウォートンインド経済フォーラムで講演するために来月フィラデルフィアに戻ります。)ターンでは、同社はインドを支持してきた。 ウォーバーグはmid2005のように国に8.11億ドルを耕した、はるかにインド最大のプライベート·エクイティ投資家である。 この量は倍以上3.62億ドルウォーバーグアーリントン、バージニア州の国立ベンチャーキャピタル協会から提供されたデータによると、中国に投資してきているインドでの自信のウォーバーグの投票は普遍的に共有されていません。 飛び回る金融コメンテータージム·ロジャーズ氏は、ビジネスのニーズに鈍感であるslowmoving官僚のための避難所として、国を離れて書いています。 彼は経済としてではなく、また、民族や宗教紛争によって引き裂か小さい国民国家へとその崩壊をcountrypredictingとしてだけでなく、インドのために悲観的な未来を予測している。しかし、ロジャースは、インドを通じて運転し、その最も困難な政治的、経済的地形を探し出し。 ウォーバーグがオフィスを持っています。 ロジャースは、国の腐敗道路や橋によって落胆した。 ウォーバーグ投資家はそれらに投資機会を参照してください。 ロジャースは、彼がインドで遭遇ガタガタ電話固定電話を嫌って。 ウォーバーグ投資家は、単に固定電話をバイパスして、携帯電話に移行しているインディアンの何百万のように、バーティと恋に落ちた。インド政府はしぶしぶstaterun企業が倒産の瀬戸際に国を持って失敗下支えにビジネスや浪費支出の政府のコントロールを息苦しいの年後、1991年に政治·経済改革に着手。 改革はDalip Pathak、ウォーバーグのマネージングディレクターによると、一見異なる経済イデオロギーを持つ4つの異なった連立政権を通じて妨げられることなく続けてきた人槍の穂先インドにおける同社の戦略を。改革のペースについてではなく、その方向性についての議論があるかもしれません。インドのビジネスマンは、今日非常にまれな障害として政府へのポイント、 Pathak氏は述べています。 その自慢のインドの官僚のために、彼はウォーバーグは48時間以内にその利益を本国に送金していることに言及している。 それはおそらく、インドのそれを持って来るよりも簡単にお金を取るのは簡単だ、と彼はjests。ウォーバーグは、過去10年間にインドには何を発見した? Pathakは彼のような刺激的な投資家である動向一覧です:外国機関投資家が緩和されましたインドの産業への外国投資の抑制として(200304で120億ドル以上)急成長しているが、米国からの投資への事実上オープンスカイのアプローチがあります; と国内総生産は、近年は6.5%と8%の間の速度で成長してきました。 インドルピーのボラティリティは抑制されており、インフレ率は低下している。 その経済を実行しているスマートな人が、 Pathak氏は述べています。下落インフレは低金利を意味しており、今度は株式市場をgoosedた。 2004年10月以来、30優良株のボンベイ証券取引所の敏感指数、またはセンセックスは、8,000を横断する、2,500点を追加しました。 我々は、下って来るの金利に大きな賭けを作り、それをする権利賭けだったとPathak氏は述べています。 彼は、一つでも意外な側面でヨーロッパの一部と好意的にインドを比較: 労働問題はインドに比べてフランスではるかに困難であり、と彼は言う。Pathakは彼が気づいたと言う最も大きな変化の一つは、数字とは何の関係もありません。 インドの人々の信頼レベルで完全な変化があったと彼は言う。 世界的なY2Kのメルトダウンを回避するインドIT企業の寄与はここでは 転換点だった。 突然、インドの中小IT企業は、グローバル行き、governmentlongは大きな産業を規制することに慣れてなく、それを行うにはIThad何も不慣れ。 今、 ほとんどの人が、彼らは、政府が彼らの方法で得ることはできませんと信じ、 Pathakは言う 我々はそこにお金を入れ続ける理由です。そこにインドのビジネスのステップで闊歩はだ、と国の政府は、それが感染をキャッチしている兆しを見せている、ケイ氏は述べています。 中国は30年後には これは、ケイとPathakにこじつけは表示されません予測です。バーティショーからウォーバーグのかなりの売却として、しかし、投資会社は、インド上で頭を失っていない。 バーティは、それが長く、明るい未来を持っていますが保証の規模と品質レベルに達している、ケイ氏は述べています。 しかし、それは非常に画期的な出来事は、それがあることを意味する riskreward観点から以下の適切な。 会社に 十分逆さま残っていないため。それのinvestorspeakグジャラートAmbujaセメント;; SINTEXインダストリーズwaterstorageタンクの市場の60%のシェアを持つ工業plasticgoodsメーカー、Kotakマヒンドラ、金融コングロマリット、ニコラスピラマルインドのウォーバーグの他の注目すべき保有Rediffのコミュニケーション、国内最大の消費者のWebポータルを含み インド、大手製薬会社、そしてWNSグローバル·サービス、ビジネスプロセスアウトソーシング会社。リストが示すように、インドでのウォーバーグの賭けはほとんど無謀です。 会社は一般的に上場しようとした、真のビッグと株式市場に付いています。 それはほとんどの米国におけるプライベート·エクイティ投資家のための必勝法ではありませんが、インドにすることができ、どこ億人のpentup需要も最大のコングロマリットのために成長する余地を残す。 だからインドでは、投資会社はearlystage会社やファンキーな技術を求めて多くの時間を費やしていません。 実際にはハイテクにその進出のカップルが投棄された。 彼らはマイナーな投資を関与、下200万ドルそれぞれ、Pathak氏は述べています。大企業がリスクが少ないです。上場企業はそれほど危険であると、彼はインドの資本市場によってもたらされる透明性を理由に、と言います。 Pathakの見解では、小さなに大きなピックアップするもう一つの理由:大きいインドの企業はますます海外資本や買収を求めている、と彼らはウォーバーグファウルを再生する場合、 彼らは海外で投資を取得することはありません知っている。しかし、成功は、競争をもたらした。 プライベートエクイティの世界は今、それらの間で、インドでインテルキャピタル、オークヒル·キャピタル·マネジメント、カーライル·グループ、シティグループ·ベンチャー·キャピタル·インターナショナル、ゼネラル大西洋パートナーズ、CSFBプライベート·エクイティ、およびカリフォルニア州職員退職システム、またはカルパースを操作している。 farCitigroupが2300万ドルとして少しとして投資しているので、それらのほとんどは、二桁に投資している。 しかし、 我々は我々のつま先に維持する必要がある、 Pathak氏は述べています。 ウォーバーグは、現在インドの荒れ狂う不動産市場に参加しようとしている、と彼は付け加えた。 昨年はなかった。 Kotak含むインドの金融機関が増えて、部門の潜在力を活用するためにベンチャーファンドを作成しました。 インドのニュースメディアは、ファンドマネジャーが20%〜30%増の収益を期待して言う。スマートであることと、多くのお金を持つことはもはや差別ではないですと、ケイ氏は述べています。 だからウォーバーグは、インドで認識可能なブランドになるために熱心に取り組んでいます。 これは、ムンバイの商業ハブに事務所から操作、近く市場にとどまることによって部分的にはそれをやっている。 多くのプライベートエクイティ企業とは異なり、ウォーバーグは、世界単一のファンドを通じて投資する。 それを変更するには、適応に軽快であることができること、ケイ氏は述べています。 ウォーバーグは、アジア、欧州、米国で100社以上に投資して管理下に100億ドル以上を持っています。 8月では、資本のmorethe最大の単一のプールは1966年に設立された以来、同社が調達した80億ドル調達した。インドでは、ケイとPathakは、資本のために喉の渇きが、今後数年間のためにクエンチされることを期待しています。 ただインフラimprovementsgreater発電、より良い高速道路や、毎年の投資200億ドルに250億ドルが必要と推定され、より効率的portsare。 インドの政策立案者のために、ケイは言う、主な社会課題は赤貧のうち2億人を持ち上げることです。 ITよりもはるかに多くのインフラプロジェクトは、そのタスクを達成するために必要な大量のジョブを生成する可能性を秘めている、と彼は付け加えた。世界中の我々は、ほぼすべての方向に経済を分析する。 今、時間が貧しいに投資する来て奪われました。 いいえ、企業は、貧困を根絶するためのプログラムを進化させていない。 これは主に政府やNGOのために残されている。 企業は多くの必要とされるように行っていない、他の多くの方法で助けるたくさんのお金を寄付するけどitheyん。今、私たちは、私は彼らを教育するか、それらのジョブまたはジョブのスキルを与えることによって、貧困から10,000人を引き出すために10億ドル投資belowaファンドを記載されて推定としてそれに対処するための体系的なアプローチを進化させなければならない。 私は最も貧しい人々の労働力を作成することを意味します。
全国送料無料ですMCM リュック アウトレット 2013